スワロフスキー・クリスタル取扱いに関するご案内

〔背景〕
スワロフスキー社は世界中のすべてのスワロフスキーのビジネスを見直し、新しい戦略の方向性と現実的な経済環境に合致するよう、またスワロフスキーブランドの価値がより高められるよう、大規模な変革プログラムに全世界で着手することになりました。
そして企業向けビジネス(B2B)と一般消費者向けビジネス(B2C)を統合、合理化し、これから1つの組織、1つのビジョン、1つの戦略による新たなビジネスモデルによって事業をすすめています。
スワロフスキー社の新たなビジネスモデルは、スワロフスキーブランド価値の保護、向上に重点を置いており、それらを含めた新たなビジネス戦略のもと、この度DIY・ネイル業界向けのスワロフスキー・クリスタルを提供するビジネスから撤退することが決定されました。


〔素材ブランディングに関して〕
*2021年10月以降、″スワロフスキーブランドロゴ″は、店頭、POP、Webサイト、マーケティング販売宣伝資料、梱包材料、その他販売促進用品において表記できなくなります。
ただし、「スワロフスキー・クリスタルを使用しています」等の文字表示は可能です。


〔今後のスワロフスキー・クリスタルの取扱いに関して〕
今後、商品ラインナップや販売形態等においては、メーカー都合による急な変更等がある可能性はございますが、ユザワヤでは2021年10月以降も引き続き、スワロフスキー・クリスタルの商品在庫を継続販売していく予定となっております。


2021年3月8日(月) ユザワヤ商事株式会社

(3.20更新)